介助犬ロータスは、お兄ちゃん

義間さんの結婚式に介助犬ロータスも出席
111212gima9

 

2010年に当協会を卒業された、介助犬ユーザー 義間祐子さん (介助犬ロータス)は、2011年にご結婚され、出産されました。お子さんが生まれる前からお母さんと暮らしている介助犬ロータスは、お子さんにとって頼もしい「お兄ちゃん」です。

 

義間さんと2人(?)の子供
image_jpgC2TKR1ZE

 

このたび、お子さんの七五三のお祝いに写真館で記念写真を撮られたそうです。この写真でも介助犬ロータスは、温かく弟を見守っているようですね。
しゅんくん♥介助犬ロータスのブログ>>

 

こうして義間さんは、介助犬のロータスと人生を一歩一歩しっかり着実に歩んでおられる様子を拝見して「介助犬育成に携わって良かった。」と苦労が報われる思いがしました。
介助犬ロータスの結婚式ブログ>>

 

 

 

カテゴリー: ユーザー | コメントする

想いやり♪犬と人の共生

141211mdr

本日、太宰府市が主催する「平成26年まほろば市民大学」で講演をさせていただきました。

介助犬の講演と、「百聞は一見に如かず!」という訳で実際の介助犬の仕事紹介を実演させていただきました。介助犬の役割としては、(1)落とした物品を拾い上げる(2)指示されたものを運んでくる(3)その他指示されたことを実行する等があります。

介助犬候補犬リバーは、いつものように難なく介助犬の仕事を的確にこなして、参加者を感心させていました。

しかし後半に、私の靴を脱がせるという指示にいつもならスムーズに的確に実行するのですが、今日に限って靴を見つめ、私を見つめているのです。「どうして靴を脱がせないのかなぁ?」

焦る私は、不思議に思いながらリバーの顔を私も見つめると、リバーも不思議そうに私を見つめているのです。こういう時には、たいてい犬には犬の考えがあるのです。

そして、ふと気づいたのです。「そうか。今日は新品の靴を履いてきたんだった。」・・・そう思い出して、介助犬リバーに「大丈夫、気にしないで靴を咥えて脱がしておくれ」と気持ちで会話しました。

そしてリバーは、何とか靴を脱がす仕事を終えました。会場の参加者もようやく靴を脱がしたリバーに温かい拍手を送っていただきました。

リバーは決して、仕事をまじめにしなかったのではなくて、私の新品の靴を咥えてもいいのですか?という心配りをしてくれたのでした。

私は、介助犬育成という仕事に携わり犬を訓練するという事で、また犬からあれこれ学ばせてもらっているといつも感じています。

平成26年「まほろば市民大学」で講演

平成26年「まほろば市民大学」で講演

平成26年「まほろば市民大学」で講演

平成26年「まほろば市民大学」で講演(福岡県)

カテゴリー: 啓発 | コメントする

皆様ありがとうございました♪第8回インディペンデンスデー

  九州補助犬協会は、2006年8月に「犬と人との共生」を理念に発足しました。皆様のおかげで当協会も今年8周年を迎えることができました。「第8回インディペンデンス・デー」では、ユーザー、支援者、職員がそれぞれの立場で気持ちを一つにして、相互理解を深め交流することができ、大変有意義な会になりました。ご出席いただきました皆様に心から感謝を申し上げます。

  今後も、介助犬育成を通じて、障害者福祉を、セラピー犬活動を通じて、高齢者福祉に貢献して参りたいと思います。どうぞ、当協会へのご理解と、温かいご支援をお願い申し上げます。

141102ik
ご来賓祝辞1

1411-2im
ご来賓祝辞2

141102iy
ご来賓祝辞3

141102isk
理事長あいさつ

141102is
認定NPO法人の寄付制度についての説明

141102ig
ユーザー義間さんの挨拶

141102iyl
ユーザー米盛さんのビデオレター

141102ii
介助犬の実演

141102iits1 141102iit1141102its
Special thanks 入江孝信さん(サポート柴尾康二さん)

九州補助犬協会のオリジナル応援ソング
1.「君の隣で」作詞、作曲:明音をはじめ・・・
2.竹田の子守歌.(サンポーニャの演奏)
3.ずっと忘れてた景色
4.愛を歌おう

1411028idd
お忙しい中、ご出席いただきました皆様に心より感謝申し上げます。
協会も皆様と共に、ますます障害福祉のための介助犬普及に努力して参ります。
これからも皆様の変わらない、ご指導、ご支援をお願い申し上げます。
最後に皆様のこれからのますますのご多幸とご健康をお祈り申し上げます。

 

カテゴリー: 協会 | コメントする

はたらくワンちゃんレポート Vol.2

みなさんこんにちは、副理事長の桜井です。 このところむしむしジメジメで、かなり蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、みなさん今年の5月から月一回発行されている、読売新聞の「よみうりファミリープリュ」に副理事長桜井が、介助犬コラムを連載させていただいています。 既にお読みになっていただいた方もおられるとは思いますが、ご覧になっておられない方のために、今回から連載を定期的にブログでご紹介させていただきます。

わかりやすく介助犬のことについて書かれていますので、どうかご覧いただき、少しでも皆様に介助犬についてのご理解を深めていただければ幸甚です。

はたらくワンちゃんレポート 介助犬育成の現場から

介助犬2

「昔から続く人間と犬との共生」
犬は、3万年もの昔から人間と共生し続けていた唯一の動物です。始めは番犬として、そして今では人の心を救うというところまで、その関わりは深まっています。

犬には人の孤独感を癒し、精神を安定させてくれる力があります。欧米ではそのことが既に認知され、多くの犬が治療の場でセラピー犬として活躍したり、盲導犬や介助犬のように人間のQOL(Quality of life、生活の質のこと)を保つために働いていますが、日本ではまだその数は少なく、外へ出れば奇異なものとして見られ拒否されることも少なくありません。

高齢化や核家族化が進む中、日本でもこれからは広く、犬による高度なサポートが求められるようになると思います。それを実現し、社会が受け入れるためには、皆が犬との付き合い方を考えることが必要でしょう。

飼い犬はきちんとしつけてマナーを守る。決して捨てたりなどせず、犬を大切なパートナーと捉えて大事にする。そんな世の中になってほしいと願っています。

出典:よみうりファミリープリュ 2014年6月号 N0.420 

 

カテゴリー: 介助犬, 協会 | コメントする

はたらくワンちゃんレポート Vol.1

みなさんこんにちは、副理事長の桜井です。 このところむしむしジメジメで、かなり蒸し暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今年の5月から月一回発行されている、読売新聞の「よみうりファミリープリュ」に介助犬コラムを連載させていただいています。 既にお読みになっていただいた方もおられるとは思いますが、ご覧になっておられない方のために、今回から連載を定期的にブログでご紹介させていただきます。

わかりやすく介助犬のことについて書かれていますので、どうかご覧いただき、少しでも皆様に介助犬についてのご理解を深めていただければ幸甚です。

はたらくワンちゃんレポート 介助犬育成の現場から080105as

「介助犬を知っていますか?」 皆さんは「介助犬」のことをご存じでしょうか?介助犬は、身体の不自由な方の生活を助けるために訓練された犬のこと。自宅で一緒に暮らし、ドアを開ける、物を取って来る、外出時に誘導するなど、利用者が自立した生活を営めるように補助をするのが仕事です。目の不自由な方を導く盲導犬と同じように、国によって認定され、公的な場所でも働くことが認められています。

ひと口に「生活を助ける」と言っても、必要な介助は様々です。例えば同じ「車椅子の利用者」でも、スポーツができる方もいれば、手を動かすことがままならない方もいる。その方の障がいの内容や程度、住まいの環境、家族の状況によっても異なるため、個々に合わせなければなりません。そのため、本格的な訓練は「介助犬を利用したい」という方が現れてから、その方に合わせて行います。

言ってしまえば、既成のものではなく、オーダーメイドに近い感覚。これが介助犬の大きな特徴なのです。

出典:よみうりファミリープリュ 2014年5月号 N0.419

 

カテゴリー: 介助犬, 協会 | コメントする

平安京で貧しい人救済 「施薬院」活動記す木簡出土

140703noburu

皆様、お変わりございませんでしょうか。梅雨が終わったような終わらないような、雨続きのお天気で、洗濯物も乾かずに困りますよね。さて、今日は久しぶりにブログの投稿をさせていただきたいと思います。 今日、太古から人々の暮らしに存在した助け合いという福祉の歴史についてYahoo!ニュースに紹介されていたので、ご紹介します。

私も学生の時に歴史や社会福祉の時間い、貧しい人々を救済した施設「施薬院(せやくいん)「悲田院(ひでんいん)」の活動について学問で学んだことがありましたが、それが歴史的に実証されたというので、なんだかとても感慨深いものを感じ内ではいられませんでした。 いつの世においても困窮した弱者には、歴史敵に福祉が必要だったのでしょう。

大げさかもしれませんが、私たち協会職員も力を合わせて、日本の未来社会に少しでも福祉の足跡を刻み込め幸せです。 今の活動に最善を尽くし、自分たちの身の丈で一歩一歩活動していきたいと思います。その結果、介助犬育成の歴史が前に進んでいくのだと思います。

Yahoo!ニュースの記事は下記アドレスからご覧下さい! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140702-00000022-kyt-l26

カテゴリー: 福祉 | コメントする

パピーレイザー♪山口ドリーム

20140417pryd 2014047pry

パピーレイザーの山口さん(ドリーム)の訪問指導をしました。 パピーレイザーは、介助犬育成には、とても重要な候補犬の飼育奉仕活動です。 今回は、繁華街で行いました。

ドリームは、自分の家(既知の場所)を離れ繁華街(未知の場所)で人、車、騒音などの刺激に慣れさせ順応性を育てる指導をしました。

指導開始直後は、繁華街の全ての刺激(動くもの、見えるもの、聞こえるもの、臭うもの)興奮していましたが、指導途中からは、落着きも出始めました。 今後のドリームの成長が楽しみです。

パピーレーザーのお問い合わせは、ここから>>

カテゴリー: パピーレイザー | コメントする

イヌの脳、快感と飼い主の匂いがリンク

飼い主の匂いはイヌの脳の快感に関連する部位を活性化することが、最新の脳画像研究で明らかになった。

研究リーダーのグレゴリー・バーンズ(Gregory Berns)氏はアトランタにあるエモリー大学の神経経済学者で、彼によると飼い主の匂いを嗅いだイヌは、人間が愛する人の香水やコロンの匂いに対して反応するのとある意味で同じように感じている可能性があるとのことだ。続きを読む・・・>>

カテゴリー: 介助犬, 日々の出来事 | コメントする

夢見てがんばって♪セラピー犬

140224ikeda

今日は、研修生と新しくセラピー犬を目指しているペアの訓練指導を行いました。日ごろからコツコツと努力を積み重ねて頑張ってきた努力が実ってきたようで、少しですが成果が見えてきました。

まだまだゴールは先ですが、目標をも失わず夢をもって犬と共に高齢者を癒せる天使になってほしいと願っています。

協会では、セラピー犬や介助犬、聴導犬などの育成はもちろんですが、このように若い次世代の人に、訓練技術や専門性を伝え、社会に貢献を継続できるように運営することも、とても重要な仕事といえます。

カテゴリー: セラピー犬, 日々の出来事 | 夢見てがんばって♪セラピー犬 はコメントを受け付けていません。

どっちが良いのだろう♪ポスター

写真A
131127posuta

写真B
131127syasin11

今年の九州山口介助犬・聴導犬普及キャンペーンのための啓発・ポスター用の写真を撮影しました。

あいにくの雨天だったので、副理事長が近くの施設屋内で撮影しました。デザイナーの方に「OK!」がもらえるかどうでしょうか心配です♪

もし「NO!」だったら、明日も候補犬たちに協力してもらって撮影しなければなりませんが、果たしてどうでしょうか?・・・

カテゴリー: 協会 | コメントする