平安京で貧しい人救済 「施薬院」活動記す木簡出土

140703noburu

皆様、お変わりございませんでしょうか。梅雨が終わったような終わらないような、雨続きのお天気で、洗濯物も乾かずに困りますよね。さて、今日は久しぶりにブログの投稿をさせていただきたいと思います。 今日、太古から人々の暮らしに存在した助け合いという福祉の歴史についてYahoo!ニュースに紹介されていたので、ご紹介します。

私も学生の時に歴史や社会福祉の時間い、貧しい人々を救済した施設「施薬院(せやくいん)「悲田院(ひでんいん)」の活動について学問で学んだことがありましたが、それが歴史的に実証されたというので、なんだかとても感慨深いものを感じ内ではいられませんでした。 いつの世においても困窮した弱者には、歴史敵に福祉が必要だったのでしょう。

大げさかもしれませんが、私たち協会職員も力を合わせて、日本の未来社会に少しでも福祉の足跡を刻み込め幸せです。 今の活動に最善を尽くし、自分たちの身の丈で一歩一歩活動していきたいと思います。その結果、介助犬育成の歴史が前に進んでいくのだと思います。

Yahoo!ニュースの記事は下記アドレスからご覧下さい! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140702-00000022-kyt-l26

カテゴリー: 福祉 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です