特定非営利活動法人 九州補助犬協会 - スタッフ
メニューホーム

スタッフ

九州補助犬協会の中心スタッフの紹介です。

九州補助犬協会は、設立して約2年の生まれたばかりのNPO法人です。少数のスタッフと、多くのボランティアの方の協力を得ながら運営しています。ようやく活動が認知されるようになり、今後はスタッフの拡充などもはかっていく予定です。

桜井恭子(理事長 介助犬セラピー犬訓練士)昭和37年生まれ

経歴
  • 福岡エココミニュケーション専門学校ドッグトレーナ科、補助犬トレーニング講師。
  • 動物飼養管理士。手話奉仕員資格。 元、福岡盲導犬協会、繁殖マネージャー。
コメント
質の高い介助犬を普及して、街角で介助犬ユーザーの方を自然な感じで見かけるようになると良いと思っています

桜井昭生(副理事長 介助犬、セラピー犬訓練士) 昭和30年生まれ

経歴
  • 介助犬、聴導犬訓練士研修会受講。(国立身体障害者リハビリテーションセンター)
  • 福岡県動物愛護推進員
  • 元福岡盲導犬協会所長
  • 元兵庫盲導犬協会相談役
実績
  • 盲導犬150頭育成。視覚障害者150名の歩行指導に携わる。
  • コラム 「共に生きる」 盲導犬物語 執筆連載 (西日本新聞社に執筆)
  • 盲導犬訓練士養成テキストを執筆。(訓練、繁殖実務)
  • 眼科ケア(眼科領域の医療・看護専門誌、MCメディカ出版)ロービジョンケア。盲導犬が視覚障害者に渡されるまで」を執筆。
  • 琉球RBCラジオ シャキッと「あまくま情報」 盲導犬キャンペーンの盲導犬のコメンテータとして出演。2005年~2006年まで約40回以上出演。
  • オーストラリアの盲導犬協会、ガイドドッグ・アソシエーション・オブ・ビクトリアを視察研修
  • アメリカ の3つの盲導犬協会を視察研修。
    1. ガイディングアイ協会(ニューヨーク州)
    2. シーイングアイ協会 (ニュージャージー州)
    3. サンラファエル協会 (カルフォルニア州)
コメント
補助犬の質の向上と普及のバランスを考えながら、我国に補助犬を根付かせたいと考えます。九州補助犬協会が利用者に選ばれる施設に成長し、障害者のための施設であり続け、次世代に理念と技術を引き継ぎ、我国の補助犬の安定供給体制の一助になりたいと考えます。

今田晶子(介助犬、セラピー犬訓練士) 昭和54年生まれ

経歴
  • 手話奉仕員資格
  • 元福岡盲導犬協会歩行指導員
コメント
盲導犬と介助犬の育成の違いと難しさが少しわかり始めました。訓練技術にゴールはないということを常に自覚し、視野の広い人間に成長し続け、私の最も好きで得意な介助犬、補助犬の育成に全力で取り組みたいと考えます。

九州補助犬協会について

ほじょ犬ってなあに?

アクセシビリティ

視覚に障害をお持ちの方用に表示切り替えが可能です。ドロップダウンリストで「ハイコントラスト」を選択して表示の変更ボタンを押してください。「シンプル」では画像表示を無くして最小限の装飾ででコピー作業などに適した表示になります。元の状態に戻すには「通常」を選択してください。

表示の選択

九州補助犬協会への連絡