特定非営利活動法人 九州補助犬協会 - 米盛 晃さん(介助犬レイク)
メニューホーム

米盛 晃さん(介助犬レイク)

厚生労働省認定介助犬九州第1号(宮崎県第1号)

介助犬ユーザー 米盛 晃さん (介助犬レイク)
認定日2009年11月9日
住 所宮崎県都城市
職 業会社員
育成団体九州補助犬協会
認定機関兵庫県立総合リハビリテーションセンター

米盛 晃さんと介助犬レイク

九州補助犬協会で合同訓練を受け、九州第一号の介助犬ユーザーとして2009年11月に厚生労働省の認定試験に合格し介助犬レイクとの生活をスタートしました。現在私は、父と二人暮らしで、大手インターネット会社の社員として在宅勤務しています。私は大学4年時にラグビーの練習中に事故で頸椎を損傷し以後、車椅子生活をしてきました。私が介助犬を希望したのは、ある夜に車椅子からベッドに移る際に滑って床に転落し、助けを求めようと電話を探しましたが手が届きませんでした。結局、床の上で一夜を過ごしました。その時の記憶は今でも頭を離れません。『あの時に介助犬がいてくれたら!』と思い九州補助犬協会に介助犬を申し込みました。いつも人がそばで見守ってくれるわけではありません。しかし介助犬レイクは私の安全・安心をいつも守ってくれるので安心して生活できます。これからも九州介助犬第一号ユーザーとして協会の力になり、身体障がい者のための介助犬の普及を支援していきたいと思います。

ほじょ犬ユーザー

ほじょ犬ってなあに?

アクセシビリティ

視覚に障害をお持ちの方用に表示切り替えが可能です。ドロップダウンリストで「ハイコントラスト」を選択して表示の変更ボタンを押してください。「シンプル」では画像表示を無くして最小限の装飾ででコピー作業などに適した表示になります。元の状態に戻すには「通常」を選択してください。

表示の選択

九州補助犬協会への連絡