特定非営利活動法人 九州補助犬協会 - 18/07/27 補助犬ユーザー受け入れ対応研修(宮崎県)
メニューホーム

18/07/27 補助犬ユーザー受け入れ対応研修(宮崎県)

医療機関が補助犬ユーザーを受け入れる場合にあたって、身体障害者補助犬法の院内受入れ対応について医師及び病院スタッフの皆様に講習をさせていただきました。

ほじょ犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)は、「身体障害者補助犬法」に基づいて認定されています。障害のある方とともに同伴して人が立ち入ることのできるさまざまな場所で受け入れるよう義務づけられています。病院・診療所・クリニックなどのすべての医療機関も例外ではありません。 補助犬ユーザー受け入れのポイントは、・院内スタッフへの周知徹底とマニュアル作成 ・同伴可能区域と同伴不可区域(レントゲン室・ICUなど)をはっきりさせておくこと・何か問題があった際の対応窓口を明確に周知徹底することなどです。

期日:2018年7月27日
時間:14:00~16:00
会場:高千穂町国民健康保険病院
主催:高千穂町国民健康保険病院
内容:高千穂町病院職員の補助犬ユーザーの病院受け入れ対応研修    
講師:桜井恭子 介助犬啓発犬テレサ
介助犬学習のお問い合わせは、こちらから>>


高千穂病院



職員研修



7月

ほじょ犬ってなあに?

アクセシビリティ

視覚に障害をお持ちの方用に表示切り替えが可能です。ドロップダウンリストで「ハイコントラスト」を選択して表示の変更ボタンを押してください。「シンプル」では画像表示を無くして最小限の装飾ででコピー作業などに適した表示になります。元の状態に戻すには「通常」を選択してください。

表示の選択

九州補助犬協会への連絡