メニューホーム

17/09/27 親切会九州支部 寄付金贈呈式(福岡市)

日立グループを中心とする社会福祉貢献組織の「親切会」様より介助犬育成資金として、昨年度に引き続き介助犬育成のために、ご寄付を頂きました。

ご寄付は、介助犬育成のために有効に活用させていただきます。「親切会」の皆様のご支援に心より感謝申し上げます。




期日 2017年9月27日
時間 15:00~16:00
場所 糸島市社会福祉協議会「あごら」
出席 親切会九州支部/山口支部長、田中顧問、福田事務局
   九州補助犬協会理事長 桜井恭子(介助犬候補犬テレサ)
備考 親切会九州支部会員から募った善意のご寄付を当協会に寄付。今回で8回目の寄付

親切会九州支部について
「親切会」は昭和34年尼崎市の有志の方々が「親切心」の欠如が見受けられる世相を憂慮し、奉仕・福祉活動を始めたのが「親切会」活動の出発点です。その後日立製作所や日立グループ各社の積極的な取り組みにより、地域の活動から全国組織へと発展しました。以来、多数の法人と個人の会員の善意に支えられて今日に至っております。「小さな親切」と「ささやかな福祉貢献」が「親切会」のモットー。 私たちは毎日たくさんの人々に助けられて生きています。自分一人では何もできません。ただそのことに気付かないだけ。世の中は助け合い。相手の立場に立って感謝の気持ちを持つことが親切の基本です。「親切会」では「小さな親切」、「ささやかな福祉貢献」活動によって、明るく思いやりのある世の中になるよう、努力して活動中です。 

CSRへの協力について
今、あらゆる信用不安が溢れているからこそ、企業の社会的責任が求められています。CSRは、企業の社会的地位を高めることに繋がる有意義な活動です。九州補助犬協会にご協力いただいた企業様へ可能な限りのCSRへの貢献を行っていきたいと存じております。なにが出来るか、なにをお求めかを是非お聞かせください。

CSRとは、「Corporate Social Responsibility」の略語で企業の社会的責任、企業が社会に与える影響が利益追求のみではなく、福祉や環境、教育、文化などへの貢献を行っていくことです。企業にとって営利活動によって得た利益から寄付などの社会的支援を行うことにより、社会(消費者)に良いイメージを与えることが出来ます。それによって企業のブランドが向上し、市場での競争力を得ることが出来ます。非常に大きな意味でのマーケティングの方法とも言えるものです。

特定非営利活動法人 九州補助犬協会では、どこからどのように寄付をいただいたかを会報や、ホームページ上で広く告知することで、御社の活動が有意義なものとなるように努力させていただきます。

企業のCSR貢献のお問い合わせはこちらから>>




9月

ほじょ犬ってなあに?

アクセシビリティ

視覚に障害をお持ちの方用に表示切り替えが可能です。ドロップダウンリストで「ハイコントラスト」を選択して表示の変更ボタンを押してください。「シンプル」では画像表示を無くして最小限の装飾ででコピー作業などに適した表示になります。元の状態に戻すには「通常」を選択してください。

表示の選択

九州補助犬協会への連絡